ユーザー企業と共に「2025年の崖」を乗り越えるための
システム運用設計セミナー


saytech_seminar_sysop202104_banner_2000x1000_v2

 政府の『IT新戦略』や経済産業省の『DXレポート』で、IT ベンダーは「価値創造型のビジネス」の提供や、「ユーザー企業とDXを一体的に推進する共創的パートナー」となることを求められています。そして今ここをご覧になっている皆様も、これらを実現するために新しいサービスや DevOps といった手法の採用を積極的に進められているのではないでしょうか。
 しかし、これらのサービスや手法からベストプラクティスを導くためには、土台となるシステムの運用設計が盤石でなければなりません。

 本セミナーでは、『運用設計の教科書 ~現場で困らないITサービスマネジメントの実践ノウハウ』の著者である近藤 誠司氏にご登壇いただき、長年にわたってシステム運用の上流から下流までを見続けた同氏の、経験と知識から導かれたシステム運用のあるべき姿と、それを実現するための運用設計やドキュメントの役割について解説していただきます。
 ニューノーマル時代だからこそ、時代に即した運用設計のありかたを考える、一助となれば幸いです。

 また、近藤氏の著書のプレゼント企画もご用意しておりますので、この機会に是非ともご参加ください。

開催概要

主催 セイ・テクノロジーズ株式会社
参加費 無料  (下記のフォームより事前の参加申し込みが必要です。)
開催日時 2021年 4月 27日 (火) 16:00 ~ 17:00
会場 オンラインにて実施いたします。
開催情報は受講者様に個別にご案内いたします。
講師

近藤 誠司 (こんどう せいじ)
kondo

  • プロフィール

1981年生まれ。運用設計、運用コンサルティング業務に従事。オンプレからクラウドまで幅広いシステム導入プロジェクトに運用設計担当として参画。そのノウハウを活かして企業の運用改善コンサルティングも行う。著書に『運用設計の教科書 ~現場で困らないITサービスマネジメントの実践ノウハウ』 (技術評論社)がある。

  • 著作

『みんなが知っておくべき運用設計のノウハウ』
『運用設計の教科書 ~現場で困らないITサービスマネジメントの実践ノウハウ』 (技術評論社)
『運用改善の教科書 ~クラウド時代にも困らない、変化に迅速に対応するためのシステム運用ノウハウ』 (技術評論社)

  • ブログ

https://note.com/sekondo

  • Twitter

@sekondo1234

  • コラム連載

システム管理者の会

プレゼント企画 セミナー終了後、「SSD-assistance」を 3 回以上評価利用いただきました方から、抽選で  5 名様に近藤氏の最新著書『運用改善の教科書 ~クラウド時代にも困らない、変化に迅速に対応するためのシステム運用ノウハウ』をプレゼントいたします。
※当選者の方にのみ個別でご連絡いたします。
お問い合わせ お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。
その他
  • 本セミナーの内容は予告なく変更される場合がございます。
  • 本セミナーは法人のお客様対象のセミナーとなっております。個人のお客様からのお申し込みは受け付けておりません。

お申込みフォーム

締め切らせていただきました。
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。