Windowsの運用管理を快適にする10の裏ワザ/表ワザ
[ テクニカルライター 山市 良 ]

テクニック.4 - タスクスケジューラの使いこなし

2021年10月29日配信

yamaichi_tec004_top_1800x540

 

 Windows標準のタスク機能を利用すると、さまざまなタイミング、条件に基づいて、管理操作を自動化することができます。タスクは[タスクスケジューラ](Taskschd.msc)、Schtasks.exeコマンド、およびPowerShellのScheduledTasksモジュールのコマンドレット(Get-Command -module ScheduledTasksで確認可能)を使用して作成および管理できます。ここでは[タスクスケジューラ](Taskschd.msc)と一部コマンドラインを利用した活用例を紹介します。

 

■ 週末に再起動をスケジューリングする

 再起動保留状態の更新プログラムのインストールを完了させるため、サーバーで週末に再起動を実施するというシナリオを考えてみましょう。再起動は毎週必要なわけではなく、必要時にのみ簡単に再起動をスケジューリングすることにします。

 [タスクスケジューラ](Taskschd.msc)を起動し、次の2つのタスクを作成します。MyScheduledRebootタスクは毎週土曜日の23:59にshutdown.exe /r /t 0コマンドを実行して再起動するタスクです。もう1つのDisableMyScheduledRebootタスクは、システム起動時にMyScheduledRebootタスクの状態を“無効”にセットするタスクです。

 

■ 続きを読むためには・・・

 ホワイトペーパーでこちらのページの続きをご覧いただけます。以下のフォームよりお申込みください。

続きの主な内容

  • MyScheduledRebootタスクとDisableMyScheduledRebootタスクの作成手順
  • PowerShellコマンドによるスケジューリング方法
  • PowerShellスクリプト(.ps1)によるスケジューリング方法

 

■ ホワイトペーパーをダウンロードする

 

最新記事